「ほっ」と。キャンペーン

詩と写真でつづる311 関久雄「原発いらない、いのちが大事の歌」

風邪っぴき

野菜と水と 出しと味噌
ひと煮立ちして できあがり
食わせる 相手がいなくなると
ずいぶん 雑に なるもんだ

どうだい サッポロは
お父さんは 佐渡で 風邪ひいちゃった
だいじょうぶなの 早く なおしてね
わたしは 少し ホームシック

薄ら寒い 三月に
父は 30人のごはん炊き
トランク コロコロ引きずって
娘は 北の島に立つ

娘さん 避難されたんですね
まあ 進学を兼ねて ですけど
さみしくなりますね
遅かれ早かれ みんな 出ていくんですから
親元を フクシマを

おととい みんなを 見送って
きのうは ぼくが 見送られ
きょうは ひとりで 汁つくる

温かいものを 食べなくちゃ
湯タンポも 入れなくちゃ

あなたに 会えないさみしさに
こころも 風邪を 引いたかな
なあに 目をつぶれば
すぐに 会えるさ と
味噌汁を すする

(2013.4.10)

[PR]
by johnny311 | 2013-06-30 08:25 | 第2集 | Comments(0)