詩と写真でつづる311 関久雄「原発いらない、いのちが大事の歌」

「メリークリスマス」

おかげさまで
船酔いせずに 海 渡り 築100年の
へっついの家で あたたかいご飯を食べ
にごり酒も 少しのんだのです
ひとりですが さみしくはないのです

奥の部屋で 座敷わらしが おかえり と言って
ただいまって わたしが言って
コタツの向こうには 見えない存在も座っていらして

それから ずっとずっと向こうの 西の海辺の街から
焼けたりんごケーキの
甘いにおいを あのひとが送ってくれて
メリークリスマス

今夜のわたしは ひとりではないのです
キリストびとではないけれど
メリー メリー クリスマス
今夜のあなたは マリアさま

(2015年12月25日)






[PR]
by johnny311 | 2016-08-06 10:30 | 日々の詩2015年 | Comments(0)