「ほっ」と。キャンペーン

詩と写真でつづる311 関久雄「原発いらない、いのちが大事の歌」

「6年目の空気」

あの日 本宮にいました
ゆれて ゆれて こわかった
この子は一才6カ月
はい 幸せです と フィリピーナのお母さん

三河島の コリアタウン
あ ゆれている ゆれている
ふいに浮かぶ 関東大震災 朝鮮人虐殺
「おい 十五円五十銭と言ってみろ 
生きたまま 炎に投げ込まれる 白いチマチョゴリ
ハルモニから 昔話に聞かされた
それから3時間 黙って家まで 歩いて帰ったのです と
在日3世のヘジョン

白沢の 仮設住宅
ゲンパツ爆発 ヨウ素剤 配られて
「いざという時 飲んで下さい」って言われて
いざという時って いつなんだよ 
相馬の避難所にも東電社員の家族いて でも なんも言わなかった
この間 浪江に帰って片づけ ほ乳ビンも転がっていて2時46分のまんま
箱買いのたまご ポンポンと破裂して
いやあ 臭いごど臭いごど もう 30年は帰らね

6年目 終わったみたいな空気の福島
でも 緊急事態宣言はそのままで
でも 基準は20ミリシーベルト 問題ないから 帰りなさい
これからは 復興ですよと言われて
でも 子どもの甲状腺ガン167人 事故の責任も取らないで
支援 打ち切り おかしくないですかと言うと
自立したらどうですか イヤなら アメリカでもどこでも 出ていけば と
こんどは 住民が言いだすのだ
悩ましねえのお 同じく 被ばくしてんだけんどな

(2016年3月7日)







[PR]
by johnny311 | 2017-01-23 09:33 | 日々の詩2016年 | Comments(0)