詩と写真でつづる311 関久雄「原発いらない、いのちが大事の歌」

「甲状腺検査」

「覚悟しておいてくださいね」 と
種市センセが言うもんだから
おれは 固くなって喉を突き出した
冷やっこいもので 喉ぼとけのみぎひだりなでて
どうなんだべが だいじょうぶなんだべが

検査はすぐに終わった
「はい なにもないみたいですね」

いや いがった
いがったんども 出る人と出ない人の差ってなんだべな
下の子どもふたり 避難させたんだども
ふたりとも A2だった
県の二巡目の検査だど
何ともねえと言われた人から ガンが50人見つかってな
やっぱし 初期被ばくだべ
それが 何年もたってから出てくるのだべ

(2017年1月25日)


d0320318_11454418.jpg










[PR]
by johnny311 | 2017-03-20 11:46 | 日々の詩2017年