詩と写真でつづる311 関久雄「原発いらない、いのちが大事の歌」

カテゴリ:目次( 4 )

「原発いらない、いのちが大事の歌 第4集」

<目次>

歩いても あるいても

ヒ・ミ・ツ

歌の力 オレは愛のある歌を 歌えているか

都知事選のさまを見て、言わずにはいられない

よみがえりの 日

みほさん 福島 都知事選

雪灯籠

メッセージ

ヨウ素剤と昆布

フードプラザの片すみで

遠くから お太鼓が聞こえる

ウメツさんの シェア

皆さんが へっついを続けろと 仰る

宮代仮設 手当て隊 訪問

こころが 折れるくらいなら

六文銭

支援のカタチ

ゆっくりと坂道をくだって

この道を 北さ向かえば

さらさらと こぼれる崎川浜の 砂

ただ 一緒に 泣くか

アクティビストの保養

せつね 久能和歌さんの詩を読んで

拝啓 佐藤雄平知事さま

幸せに なりますようにい

運命と 受け入れてただ歩く

悪たい

ウヨクの兄さん

いまは だれも マスクもしねえで

帰還者ママの ツブヤキ

もうじき 夏保養

外で あそびたいべしさん

六ヶ所村 村長選

こいの しゅぎょう

いいない ふつうに そとであそべて


<奥付>

原発いらない、いのちが大事の歌 第4集

2015年1月24日発行

定価800円

著者:関 久雄

レイアウト・編集:スペース・オルタ(佐藤真起)



[PR]
by johnny311 | 2015-04-11 10:27 | 目次 | Comments(0)

「原発いらない、いのちが大事の歌 第3集」

<目次>

旅んもん

アイロン屋でござい

着る もん

つづり方

半夏生

たからもの

イマジン

テレパシー

選挙さ 行くべ

バカたれ裁判

雨の神さま

強い 弱い できる できない

たまごかけ ごはん

また 来るね

夏の 終わりに

幸せな朝

草の逆襲

南三陸町でかたり部やってます

私はへちま

イタイ イタイ病

これでも 生きてんだよ

あなた方は希望であり、わたし達もまた希望です

提灯祭りのお囃子が聞こえる

放射能はね

2年6ヶ月のふとん干し

がんぱっぺない

干し柿

海だまり

梅肉エキス

明るい ビンボー

人ばしら

どうして

生まれた 意味って

たましいになった ブチ

いもうと

イルミネーション

しあわせ ふしあわせー2013年の年の瀬に





[PR]
by johnny311 | 2013-10-26 10:19 | 目次 | Comments(0)

「原発いらない、いのちが大事の歌 第1集」

<目次>

うらやましい

助けてと言おうよ

助っ人 スギさん

看板

行進の詩

歩いても 歩いても

なぜ歩くのかと聞かれて

原発はいらない いのちが大事の歌

東京のデモ

死の灰の行方

アオキさん

青梅の社へ行ったよ

君の神様はいつも

道ばたで愛を歌う

バイエルと晩ごはん

ラブリーアイランド

お正月さま

離れている あなたへ

死ぐ だべか

希望のハグ

神無月

いい年、と言われても

ふるさと

新春放談

みんな 生きなければならない


<奥付>

原発いらない、いのちが大事の歌 第1集

2013年6月15日発行

定価600円

著者:関 久雄

レイアウト・編集:スペース・オルタ(佐藤真起)

[PR]
by johnny311 | 2013-08-06 02:18 | 目次 | Comments(0)

「原発いらない、いのちが大事の歌 第2集」

<目次>

幸せな死

おかあさんって よんでみた

待合室で

ワタシハ ハル

原発トイレ

かなわないや

ゲンパツ難民

ひなちゃんと紙芝居

なじょすべ

ヒバクシャ

病院にて

たたり神

風邪っぴき

手放せば

お父さんの ハンバーグ

お見舞い

保養

でんわ

おいのり

新幹線の車窓から田んぼが見える

チュッチとたぬきとポニー

南風と椎の木と毒と


<奥付>

原発いらない、いのちが大事の歌 第2集

2013年6月15日発行

定価600円

著者:関 久雄

レイアウト・編集:スペース・オルタ(佐藤真起)

[PR]
by johnny311 | 2013-07-15 02:48 | 目次 | Comments(0)