「ほっ」と。キャンペーン

詩と写真でつづる311 関久雄「原発いらない、いのちが大事の歌」

<   2016年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「みそか」

みそかは もちを つきました
のしもち まるめて お供えも
お風呂の マキも 切りました
たくさん たくさん 切ったから
この冬 これでだいじょうぶ

玄関に しめなわ ゆずり葉 飾りつけ
「それではこれで よいお年を」 と ヒロアキさん
「アベ政治を許さない」の貼り紙の車で
白い ドンデン山の麓に 帰っていった
へっついの家の 奥の上座に お供えもち
これで お正月様は いらっしゃる

あしたは おおみそか
おおそうじも やったから
民主主義ってなんだ の年だったから
しずかに 一年 思いやり
祈るひと日に いたしましょう

夕うげのあとは 庭に出て
青いななめな お月さま
見上げて 手 合わせ祈ったよ
あのひとのこと みんなのこと
ホームレスのこども シリアのこども
借り上げ住宅からから 追い出されませんようにと
福島の避難者のこともね
ありがたいことに 吐く息が白くならなかったから
長くながく お祈りできた

あしたは 大みそかだから
やってくる 一年 思いやり
祈る ひと日にいたしましょう
あなたのことも わたしのことも

(2015年12月30日)


[PR]
by johnny311 | 2016-08-18 16:52 | 日々の詩2015年 | Comments(0)

「メリークリスマス」

おかげさまで
船酔いせずに 海 渡り 築100年の
へっついの家で あたたかいご飯を食べ
にごり酒も 少しのんだのです
ひとりですが さみしくはないのです

奥の部屋で 座敷わらしが おかえり と言って
ただいまって わたしが言って
コタツの向こうには 見えない存在も座っていらして

それから ずっとずっと向こうの 西の海辺の街から
焼けたりんごケーキの
甘いにおいを あのひとが送ってくれて
メリークリスマス

今夜のわたしは ひとりではないのです
キリストびとではないけれど
メリー メリー クリスマス
今夜のあなたは マリアさま

(2015年12月25日)






[PR]
by johnny311 | 2016-08-06 10:30 | 日々の詩2015年 | Comments(0)

「満月とクリスマスメール」

どう そっちは
失業手当て切れて いよいよどん底
でも 保養基金のパンフできたから
あっちこっちで カンパお願いできっから
あかり 見えてきたってどこかな
それは良かった
まずは メリークリスマス

みんなでケーキを作って
ただただ ごはんを食べる
それが わがやのクリスマス
なんでもない毎日が わたしを しあわせを
少しずつ 型どってくれるのです と あのひとからのメール

見上げれば 渡りゆく満月
神戸でも 見えてますか
二本松はあったかくて 息 白くなんねえのです
ああ それでも クリスマスだもの 祈りましょう
ついていたひと そうでもないひと
あなたにも あのひとにも
誰の上にも 神さまがいる
戦争も終わる 原発もなくなる
わたしたちが 望んでいるのだから

今年も暮れる
いい年に なりますように

(2015年12月24日)







[PR]
by johnny311 | 2016-08-03 15:28 | 日々の詩2015年 | Comments(0)