詩と写真でつづる311 関久雄「原発いらない、いのちが大事の歌」

<   2017年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

「ネアンデルタールの花」

d0320318_23403030.jpg


わたしは たちあおい
ネアンデルタールの たむけの花

ひっそりと ひとりで逝った男にも
きっと さまざまな物語があったのだろうが
何も語らず 誰も知らず ただ
そのひとがいたという あかし

きれいだね と足を止める
すっと 夏の陽ざしに立つその姿は
どこか 卒塔婆のよう でも
風にゆらゆら 虫はブンブン
やがて 種がこぼれたら
たくさんの子どもたちが 芽を出す

わたしは たちあおい
ネアンデルタールの たむけの花
花が咲いたら 
わたしがいたことを 思いだしておくれ

(2016年5月24日)







[PR]
by johnny311 | 2017-07-14 23:40 | 日々の詩2016年

「いっぱいの春」


d0320318_09183194.jpg

棺おけに入って 4日目
だんだん 
ガイコツになっていく ばあちゃん

別人だね
ああ ひと月も病院にいて 痩せた
それに たましい抜けたからな
でも 祭壇の 写真のばあちゃん ニコニコしてて
ほら いまも そこらにいるんだよ

葬儀場から おもてに出ると
山からの風 ドォーと吹いてきて
桜の花びら 滝みたいにザザーと流れて
土手の 黄色いタンポポ ゆらゆら
谷地の桐の 芽吹いた葉っぱも ゆらゆらしてな
見上げる 青い空の向こうは 白い 大きな岩手山
ここいらさも 放射能は降ったのだ

明日は ばあちゃん 焼き場さ行くが
平舘は ちいさな春でいっぱいだった

(2016年5月8日)






[PR]
by johnny311 | 2017-07-12 09:19 | 日々の詩2016年

「みとりびと」

d0320318_06354684.jpg




ばあちゃんは 盛岡の病院で 死ぬるしたく
目つむって あの世とこの世 行ったり来たり

石割り桜 満開で いやあ見事だった
九州で地震 多発だけんど ゲンパツは止めねえってさ
むくんだ指もみながら 年寄り息子は
ゆっくり みとるしたく

多発と言えば
本宮のチャーリーは心臓病
二本松のサクマさん 白血病
飯舘のじいちゃん 首吊って
寿命か放射能か 心の病なんだか
あいまいな感じで死ぬ人 まわりでは多くてな
おめさんがたに
なじょな言葉 たむけたらいいもんだか

九十のばあちゃん 逝く仕度
あっちとこっち 行ったり来たり
息子はきょうも みとるしたく
向こうさ行ったら ゆっくり休んで
また 生まれてきてくなんしょ
明日
わたしは 誰かの みとりびと

(2016年4月28日)



[PR]
by johnny311 | 2017-07-10 06:37 | 日々の詩2016年

「七時雨の風」

d0320318_11145954.jpg

東に向かえば 田代山
西に登れば 七時雨

ひろびろの鞍部の 枯れ草の下は みどり
牧野の道を 二合目まで登り
大きなブナの木にもたれて 田代平をながめた

ようやく芽吹いた林の下を
雪解け水が たてと横に流れ
ずっと向こうの 姫神山のあたりで
北上川になるのだな

おれは 小学校の遠足のような 愉快な気分になったのだが
病院で横になっている 年老いた母親
佐渡から 福島に戻った子どもたちを思い出したら
なんか切なくなって そっと 手 合わせた

さやさや 山からは風
さらさら 水のにおい
足元でゆれる カタクリの花

ゆっくり 草原を下りながら
おれは あのひとを 思い出していたんだ

(2016年4月26日)






[PR]
by johnny311 | 2017-07-09 11:15 | 日々の詩2016年

「大変なのは」

わたしたちを 追いださないで と
避難者が 震えながら言う

甲状腺ガン 多発は事実
でも 放射能とは考えにくい
なんなら 心のケアもありますから と
専門家が やさしく言う

練馬で 何ベクレルありますか
東京で子育てできますか と 東京の母親がたずね
汚染は東日本一帯
保養にいきましょう 土壌マップ作りましょう
国がやらないのだから と 支援者が言う

すると
あんたらは 助けてくればっかり
大変なのは 福島だけじゃねえんだ と
通りすがりのひとが言う
福島から来たおとこは
いまは米沢に暮らす 息子が
泣きながら避難した詩を詠んだのだが
悪態をついたひとは もういなかった

大変なのは 大変なのは
福島だけじゃないよな
大変なのは あんたもおれも

(2016年4月13日)

d0320318_08155266.jpg






[PR]
by johnny311 | 2017-07-08 08:16 | 日々の詩2016年

「イモムシから サナギへ」

あなたは いつも大変なほうを 選ぶ

そうかな 原発止めることも
保養も 灰の行進したことも
そうするしか なかったんだよ

そうするしかないと 言いながら
大変なほうを 選ぶ

そうかな
でも そう言われると
なんか 悲しい気持ちがする

あなたはずっと 不安の世界の住人
不安をなくすため がんばって生きてきて
でも からだは 悲鳴をあげていて いま
魂は からだから離れようとしている
病むのは 放射能のせいだけではない
お望みなら
その身を終わらせることも できるのですよ

あなたは いま
安心の世界の住人に なろうとあがいている でも
イモムシがサナギになるのに 苦しむだろうか と
魂の水先案内人

アイロンで お腹を温めながら 思う
わたしのお腹が ときどき痛むのは 
イモムシからサナギになる
脱皮の反応なんだろうな

(2016年4月11日)



[PR]
by johnny311 | 2017-07-07 07:57 | 日々の詩2016年

「あったかいうちに」

あったかいうちに
生きているうちに と かけつけた
夜中の 岩手医大 救急救命センター

やせて 小さくなった 母ちゃん
あんぐり開けた口に管 点滅する指先
目 とじたまま 息 ヒュー ヒュー
いたましねえのお

「母ちゃん みんな来たよ 目あけて」と 妹が耳元で呼んで
「おばあちゃん 早く元気になって」と レンが泣いて
おれは 母ちゃんのひたいに手をあて
むくんだ手を握って話しかけた

いままでありがとな
母ちゃんの 子どもでいがった
さっぱり 親孝行しなくて悪がったな
苦しいべな もう少しだから
じき 光 見えっから そしたら
明るいほうさ行けば だいじょうぶ

原発事故の後 母ちゃんから手紙きた
「ヒサオ 具合悪いって聞いたども ホウシャノウだべが
おめえも爺さまの年だけんど オラより先に逝ってはわがね これは約束」
ドックンドックンの脈 あったかくて ふくれた手
いたましねえのお おれは 母ちゃんが苦しまねえで
ふわっと 魂の世界に行けるよう祈った

明け方 母ちゃんは持ち直したが やはり時間の問題と
いまはゆっくり 死ぬる仕度
おれは 受け入れる仕度
あったかいうちに 生きているうちに

(2016年4月3日)



[PR]
by johnny311 | 2017-07-06 07:21 | 日々の詩2016年

「夏休みになりました」

とりあえず ジミン
とりあえず目先の金 と選んだものだから
アベ政治は やりたい放題

高江で座り込む人に 警察の車のしかからせ
青い制服が女の人の首に縄をかけ 車の上から引きずり降ろす
しかたない しかたない 上からの命令だ

原発を再稼働させ 戦争を産業化します
格差なぜ悪い 自己責任でしょ
ビンボー人は ヤバイ仕事で飯を食え!

障がい者は いないほうがいい と
殺された19人と 深い傷を負った26人
痛かっただろう 恐ろしかっただろう
でも 国は何も言わないものだから
みんなは ポケモンを探しに行くんだ

福島の米は安全です でも 買ってくれなくて結構
もう 保養は必要ありません これからは交流
お礼に子どもさん 福島に招待しますから
暗い7月
遠くから近くから うめき声が聞こえた
 
夏休みになって
わが家は 隠れキニシタン
近所にだまって 保養に行く
青い青い 佐渡の海
砂浜で 寝ころんでも叱られない
ほら おさかなが はねたよ

(2016・7・30)



[PR]
by johnny311 | 2017-07-05 08:07 | 日々の詩2016年

「スタンディング」

「アベ首相 二本松に来たる」のチラシ
亀谷の交差点 数百人のひと 日の丸の小旗
その中で おもむろに プラカード掲げたのです

「甲状腺ガン170人 20ミリシーベルトの撤回
避難者の住宅支援を打ち切るな!フクシマ棄民NO!戦争NO!」

なんだこりゃ! とにらむ人
目を合わせない ご近所PTAの知り合い
たちまち 190センチもある 黒い背広に取り囲まれ
横に動けば横に付き 前に出れば前に付く
「ちょっとあんた 囲まれているよ 前に出なさいよ
放射能のこと見えないよ」とおばさん

プラカードを 高く高く
想いを 強く強く
腕は震えるが降ろしたくない アベ氏に見せたい
何よりも 福島の人に見せたいのだ だから神さま
演説終わるまで 腕 上げさせてくなんしょと 祈っていたら
すっと 誰かが手を伸ばし 支えてくれた
ありがたい ありがたい ひとりではない ひとりではない

やがて ガンバローを三唱したアベ氏
黒塗りの車でよそへ 黒い背広もよそへ
日の丸の旗ふりもいなくなって ひとり家に帰ったのです

コップで一杯 水を飲んだら
「選挙 自公以外でお願いします」と電話
あと三日 アベ氏に 負けていられねえもの
見えない存在にも お祈りした

(2016年7月7日)

d0320318_08014739.jpg







[PR]
by johnny311 | 2017-07-04 08:02 | 日々の詩2016年

「創価学会の人いませんか と 道ばたで呼びかけた」

みなさんの中に
創価学会の人いませんか 学会の人はいませんか
わたしは 学会員なのです と
道行く人に呼びかけた

道ばたで わがのごど 話すのは恥ずかしいけんど
いまは そう言ってはいられない

昔 貧乏人と病人の集まり そこから
庶民の願い 平和の公明党が生まれたはず だども
いまは 戦争と原発でご飯を食べたい者の手先
原発事故の支援打ち切り 被ばく者を見棄てる側につく
学会は 公明党は 平和と民衆の味方でなかったのが
国家ヒミツ法に戦争法 憲法9条改悪と緊急事態条項
初代会長あ 獄中で殺されたのではなかったのか
二代会長 「核兵器使うものは死刑を」とまで 言ったのではなかったのか

ご通行中の皆さん 私は二本松の関と言います
女房とこども 米沢に避難しています
皆さんの中に 創価学会の方はいませんか
わたしは 学会員です
戦争法に 避難者切り棄て
いまの公明党も学会も おかしいと思って声あげました
皆さんも声あげて欲しいんです それが
子どもを自分たちを おかしくなっている人を
救うことになるんです だから選挙で
自公に入れないで欲しいんですと 道行く人に呼びかけ
夜空を仰いで 見えない存在に祈ったんだ

(2016年6月29日)







[PR]
by johnny311 | 2017-07-03 07:57 | 日々の詩2016年