詩と写真でつづる311 関久雄「原発いらない、いのちが大事の歌」

タグ:避難 ( 3 ) タグの人気記事

「ゆっくりと坂道をくだって」

「5分くらい 待ってて」と 言い残して
お寺の 坂道を登っていった 

5分過ぎ 10分過ぎても 戻らない
「もう 行くよう」 と呼んで 坂道を登ると
二本松の街並みが ぐるり見える
大きな桜の木の下に 佇んでいて

ほら あの 大きい建物は市役所で
あの 大きな煙突は 千功成の造り酒屋
その下の道を 南小に通ったっけ
提灯祭りの 太鼓台で
松岡通りを ねり歩いたっけ と
中3になった息子が なつかしそうに 言うものだから
おれも 黙って 街を眺めた

「もう 行くよう」の お母さんの 声
さらさらと 桜の花びら 流れ
ゆっくりと 坂道を 下りていく 息子のレン
ガランとした境内 道ばたのタンポポ
家の後ろの 乗らなくなった自転車

思い出を 確かめ レンは
避難先の米沢へ 帰っていった
さらさらと 桜の花びら 流れる
坂道を 下って

(2014年4月20日)





[PR]
by johnny311 | 2015-03-14 14:46 | 第4集 | Comments(0)

「雪灯籠」

おかあちゃん きれい
ほんと きれいだね
だれが つくったのかなあ
団地の ひと ゆきどうろう っていうんだよ
ふーん わたしも やりたい ろうそく あるかなあ

2月 米沢 牛森宿舎
ゆらゆらの 雪灯ろう
避難者 親子の
おしゃべりが聞こえた

毎朝 毎朝 雪かきの 団地の前の 雪すて場
今夜は 雪灯ろうの 壁に ヘンシーン
きれいだない 美しいない
雪国暮らしも なれてきたのかな

だけんど
3月になると 出る人も 多いんだ
おとなりさん 福島へ
タカハシさん 岩手の実家へ
シダさんは 息子さんと同居するって
さみしく なるねえ
だけんど 福島の 子どもの 甲状腺がん
75人に なったっていうんだもの
うちらは がんばって ここさ残るよ

ゆらゆらの 雪灯ろう
まるで 希望のあかりだね
今夜は 月も 見えてます

(2014年2月12日)

d0320318_17100929.jpg






[PR]
by johnny311 | 2015-02-14 17:07 | 第4集 | Comments(0)

「避難先のお正月」

二本松から 札幌から 会津から
牛森宿舎に 集まった
避難者家族の お正月

ただいま
あ お父さん 久しぶり
元気だったか
うん お父さん 少し 老けたね
ああ 福島にいると 疲れるんだよ
からだも jこころも 放射能のせいで

8ヶ月ぶりの 娘は
ウエーブ 茶髪の 女子大生
こたつで 横になっていたら 娘が
おなかに 頭を 乗せてきたものだから
オレは アトピーがひどかった
3歳のころの おまえを 思い出したのさ

いつまで 家賃の補助 あるかな
来年までは 続くさ
3月で フクシマ 帰る人 多いってね
みんな 生活 できなくなって いるんだよ

これから どうなるのかな
わからない でも その時は その時さ
撒いた とおりに 花は咲くのさ
悪く 思えば そうなるし
なんとか なるって 思えば そうなるし

とにかく お正月さまが いらっしゃったんだ
もち 食うべ 酒も 飲むべ

米沢は 今日も 雪
1メートルを 超えました

(2014年1月5日)





[PR]
by johnny311 | 2015-01-19 11:43 | 日々の詩2014年 | Comments(0)