詩と写真でつづる311 関久雄「原発いらない、いのちが大事の歌」

「十六夜」


背中のリュックには
売れ残りの詩集
売れなかったが 被ばく者の
フクシマのいまが 話せて良かった

夕方の東京は雨
だども 終電が二本松に着くころには
上がっていて助かった
家に向かう坂道を トボトボ歩く
やっぱしきついな ちょっと重いな
明日から病院を思うと ちょっと切ないな

一息ついて 空 見上げたら
十六夜のお月さま
雲の上におわしまして
ああ いつも見守って下さっていて
ありがとうございます

家の玄関にリュックを下ろし
お月さまに 手を合わせた

世界中の人たちが 子どもたちが
戦争や差別や放射能 あらゆることで苦しまぬように
今日 会った皆さまが 幸せになりますよう
大好きなあのひとに 会えますよう

そうお祈りしながら
青い光を浴びていたんだ

(2017年11月4日)


[PR]
# by johnny311 | 2018-11-04 16:48 | 日々の詩2017年

「いってらっしゃい」

d0320318_11033656.jpg

はい弁当
電車 間に合うか
ギリ だいじょうぶ
行ってきます
おい シャツ出はってるぞい
ワイシャツ押し込みながら
坂道をかけてゆく息子に
親父が小さく
行ってらっしゃい

坂の上 風はドォードォー
木の葉バラバラ 屋根さ降って
また線量 上がるべな

昔 おれは引き売りで
野菜にお米 味噌醤油 酵母パンも積み込んで
無農薬 有機野菜いかがですか 
軽トラックで あの町この街 売りに行く
おいしいトマトは
思想の右と左 つなげるチカラあるのさ

さて 売りに行くか
おとうさん いってらっしゃい
バックミラーの中 小さいお前が手を振って
あの角の向こうまで ずっとずっと
見えなくなるまで 手を振って

あの頃の 八百屋の売りは無農薬
いまは何だべ ノンベグレルか

(2017年10月31日)


[PR]
# by johnny311 | 2018-10-30 11:04 | 日々の詩2017年

「雨とお祈り」

ざんざか ざんざか 雨は降る

行った?
これから だれ?
タイラさん
どこ?
戦争もゲンパツもダメだ と言うどご
わかった
ざんざか ざんざか 雨の中
投票所に向かう息子

あと 6時間だぞい
行ったがい?って あの人に電話すべな
こどもたちが 戦争や原発の後始末に
引っ張っていかれないよう
神さまに 祈るべな

ざんざか ざんざかの 雨の神さま
この国をおおうドクを 流してくなんしょ
放射能のドクを 流してくなんしょ
ひとのこころの アカを流してくなんしょ

(2017年10月22日)


[PR]
# by johnny311 | 2018-10-23 17:19 | 日々の詩2017年

「せっせ せっせと」

保養に来られた 親御さん
お世話になってる あの方に
18才の ミノルくん
せっせ せっせと 電話する

選挙のお願いです
原発を 無くするためにも
ジミン、コウメイ、キボウ、イシン、コウフク、ココロ以外
市民と野党連合をお願いします と
せっせ せっせと メッセージ

「わかりました」 「もちろんです」 「了解です」
ときどきは 返事もあるけれど
この長雨 台風も近づいて
あさってにはカケ学院の獣医学部 認可って言うし
どうなるかなあ と思うのだけれど
しっかりと 神さまと見えない存在にお祈りして
最後の 最後まで
せっせ せっせとメールする

(2017年10月21日)


[PR]
# by johnny311 | 2018-10-20 07:51 | 日々の詩2017年

「フッコーの声が聞こえる」

d0320318_08042256.jpg

避難指示 解除
復興の自由が帰ってきた!
居住や 生活の自由が帰ってきた!
国道6号の清掃活動 今年もやるよ
ぼくらがやる ふるさとを育む活動が帰ってきた

フツーに野菜やお米を食べ フツーに息をする
川の土手を さっそうとジョギング
もう誰も マスクなんかしてないよ
裏山で遊び いわきの海で泳ぐんだ
木によじ登り 草や虫にさわれる
フツーの暮らしが帰ってきたんだ

でも 6年たっても 風評は消えない
福島は住めないとか 福島の野菜や魚は食べられないとか
ハンゲンパツかなんかは知らないけど
デマ 風評を流す連中は許せない
避難した子どもへのいじめ ひどいね
放射能は問題ないってことがわからないから
こんなこと 起きるんだよ
もっと 放射線教育しなきゃ
原発は 本当にいらないかどうか
これからのエネルギーのこと考えると
すごく迷ってしまう
あ それから 保養はもういらないな
6年もたって フツウに暮らしているんだから と
ベラルーシに行った若者が言う

遠くから 近くから
フッコー フッコー ふるさとを守れの声が聞こえる
福島は どごさ行くのだべが
甲状腺ガン192人にもなって このあいだは
サクマさん 白血病で亡くなったんだどもな
こう言うと 不安あおっていると叩かれるべな

(2017年10月20日)


[PR]
# by johnny311 | 2018-10-19 08:04 | 日々の詩2017年