詩と写真でつづる311 関久雄「原発いらない、いのちが大事の歌」

保養

ひとつの 大切なことを
ていねいにやっていけば
おのずと 道にいたる

休ませてください とやってきたAさん
福島 山梨を 行ったりきたり かれこれ2年
結局 こっちに移住 生活保護も 取れました
保養 健康相談が いつのまにか 生活相談※

北海道行きが 決まったBさん
こんどは むすびば※のみなさんが きっと 支えてくれる
やりましょう できるところから

ひとりひとりの暮らしに
ていねいに向き合えば
入り口はなんでも おのずと 道は開ける

これだけやっていればいい
ということではないはずです

(2013.5.4)

※健康相談を担おうと始めた民間の活動が、被爆者の避難先のあっせんや仕事など、行政がするべき生活相談全般まで担わなければならなくなっている現実がある。
※むすびばは札幌にある避難や保養の受け入れ団体の名称。

[PR]
by johnny311 | 2013-06-26 08:49 | 第2集