詩と写真でつづる311 関久雄「原発いらない、いのちが大事の歌」

「イタイ イタイ病」

とにかく せつねがったのさ
吐いで 吐いで のたうち回って
だども 死ぬわけでもねえ

そのうち 向こうさ 逝くんだども まだ 逝けね
原発 止めて 一矢 むくいて
せめて わらし 逃がさねば なんねえ
ああ だから
神さまに 頼んだのさ
もう少し 待ってくなんしょ
もう少し 働かせてくなんしょ

尿道結石です 点滴しますからね

おしっこの管に 石があるって

そうだべか
セシウムや ストロンチウムとか 溜まって
イタイイタイ病になったんで ねえべか

ポタ ポタ ポタ
なみだのような 点滴
窓の向こうに 弥彦山が見える

津波で 逝くも いのち
放射能で ジリジリ 逝くも いのち

おらは 好きなおんなの 上で
ポックリ 逝くのが いいなあ

(2013.09.24)

[PR]
by johnny311 | 2013-09-11 22:13 | 第3集