詩と写真でつづる311 関久雄「原発いらない、いのちが大事の歌」

「ただ 一緒に 泣くか」

フクシマの人は 風呂に入って 着替えてから 来て
福島から来たの? キタナイ! と言われ
泣いて 浴場から帰ってきた 子どもたちよ

北海道の 保養所は 線量上げないために と 
入る前に 着替え 渡されるんだって
うーん 悩ましい でも 
放射能 くっついてるのは 事実だからね
セキさん こんな時に 何て 返したらいい
こどもにも そんなこと言う おとなにも

うーん
そったら 保養なんかさ 行かねえ
東京だって あんたらだって 汚染されてんだぞい
おめさん 服 買ってくれんのか
おらたち 檻の中さ 閉じ込めておきてえのか
国と 東電の せいだべしさ
好きで こったに なったんでねえぞい

込み上げる ドロドロの 想いを
ゴックンと 飲み込んで

福島で ヒバクしました
髪の毛にも 服にも カラダにも 
放射能 くっついて 洗っても 落ちません
それでも わたしも 子どもたちも
何とか 生きてゆきたいのです と 

ただ ただ 一緒に 泣くか 

(2014年4月29日)







[PR]
by johnny311 | 2014-09-16 22:49 | 第4集