詩と写真でつづる311 関久雄「原発いらない、いのちが大事の歌」

「メッセージ」

ねえ みんな 見て ヤバイ
月が でかい 凄いよ 怖いよ
冴えわたっているよ

まりっぺが そう 言うもんだから
外に出て 空を仰いだ
青白い てんこ盛りの 屋根の雪
その上を 渡りゆく お月さま
何か 感じたんだね メッセージを

雪に埋まった 車の中から
電気が止まった 家の中から
歩いて帰る 夜道の上で
除雪作業の 手を止めて
思わず 見入ってしまうのは
あまりに 神々しいからか
豪雪被害の 後だからか

食い物 水に 石油に 電池
スコップ ケータイ 車に毛布
国にすがらぬ 備えはあるか
つながりこそが 命づな

大いなるものの 中で
生かされている わたしたち
それを 3・11で
学んだのでは なかったのか

(2014年2月17日)





[PR]
by johnny311 | 2015-02-19 18:22 | 第4集