詩と写真でつづる311 関久雄「原発いらない、いのちが大事の歌」

「都知事選のさまを見て、言わずにはいられない」

むかし 治安維持法
いま 国家ヒミツ法

公明党よ 恥を 知れ
何が 怖くて ファシストの 片棒をかつぐ
何が 欲しくて 原発を推進する

創価学会 初代会長 牧口常三郎は
治安維持法で 投獄され
獄中で 殺されたのでは なかったのか
二代会長 戸田城聖も 投獄され
南無妙法蓮華経の なんたるかを 悟り
原爆を使用する者は死刑に とまで語り
三ツ沢で 「核兵器廃絶宣言」を したのでは なかったのか
原爆 原発 何が ちがう
ひとたび 事故になれば 放射能で 苦しむ姿を
チェルノブイリで フクシマで
目の当たりにしたのでは ないのか
避難の権利もなく 汚染地帯で ジリジリ殺されていく
民衆の いのちを守ることこそが 第一義ではなかったのか

わたしは 福島県民であり ヒバクシャであり
創価学会員でも あるのだ
だから言おう 公明党よ
何を怖れて ファシストの手先となる
いまこそ 国家諌行の 時ではないのか
守るべきものは こどもの いのち
原発事故から 何を学んだのか
再稼働を進める者の 支持ではない

(2014年2月3日)






[PR]
by johnny311 | 2015-03-04 16:14 | 第4集