詩と写真でつづる311 関久雄「原発いらない、いのちが大事の歌」

「遠くから お太鼓が聞こえる」

ドンドコ ドンドン ドンドコ ドンドン
太鼓の 音が 聞こえるよ お祭りかなあ
ナン ミョーホーレンゲーキョー ナム ミョーホーレンゲキョー
歌うような 祈るような お題目が聞こえる
こわごわ のぞき込む ひと
ああ あれは お寺さんが歩いて いるんだよ
私たちのために 祈って くださっているのですね と
女子高生が 手を 合わす

福島の町や村を 「命の行進」の旗を先頭に
むらさき色の 「南無妙法蓮華経」の旗が
あざやかに ひるがえる
どこに 行くのかなあ
庭のすみの 汚染土のブルーシート
マスクをつけた 除染作業員に 見送られ
人のいなくなった 飯館村の 雪の峠を越えて
東の海辺まで 行くのさ

そこで 座り 断食をし
津波で亡くなった 方々を弔い
原発で 殺され 追いやられた人々の 無念さを 想い
ただ ただ 祈りまする

ドンドコ ドンドン ドンドコ ドンドン
遠くから お太鼓が聞こえ 
歌うような 南無妙法蓮華経が 遠ざかっていく

きょうは 津波と 原発事故の 4回忌
原発の 無い世を 願いつつ
わたしも 祈り 歩きます
わたしも 祈り 歩きます

(2014年3月11日)

d0320318_12341274.jpg








[PR]
by johnny311 | 2015-03-07 12:35 | 第4集