詩と写真でつづる311 関久雄「原発いらない、いのちが大事の歌」

「恋愛 依存症」

わたしは 恋愛 依存症
ゲンパツ事故で気がついた いつでも だれかに恋をして
あのひとを想うと しあわせで 
ホウシャノーなんか わすれて しまうから
好きにならずに いられない

わたしは 恋愛 依存症
ほんとは ずっと昔から いつでも だれかに恋をする
あのひと想うと うれしくて
やなこと ふっ飛んで しまうから
好きなひと つくらずには いられない

でも 好きになったひと
みんな 遠くに いっちまう
かみの毛 白い いい年になっても
わたしの依存症 なおらない

捨てられたのでは ないのですよ
みんな あなたを 愛してますよ
たましいの片われを さがしていて
出会いなおしも 始まっているのですよ と 星座 案内人

今世で 会えるかな 会えると いいな
となりに いて
気づいて ないだけかな

わたしは 恋愛 依存症
ゲンパツ事故で 気がついた いつでも あのひと 祈ってる
いつでも 神さま 祈ってる
おかげで わたしも 救われて

(2015年5月1日)


[PR]
by johnny311 | 2015-09-30 19:36 | 日々の詩2015年