詩と写真でつづる311 関久雄「原発いらない、いのちが大事の歌」

「御用市民 と カゲキハ」

添加物や タバコのほうがもっと怖い
福島のひとが 福島の野菜 食べないで
どうして 東京の人が食べますか

ホウシャノウ 気にすること ないのですね
2,000ベクレルの きのこも いちどに1キロ食べませんものね
安心しました 今日の炊き込みごはん おいしく感じます

除染もしているし ここに来てもらいたい
ガラスバッチも 年1ミリシーベルトになりませんから
地域を 守るためお手伝いしますよ
福島に住むこと 食べることに
罪を感じさせる運動から 卒業しましょうよ

なんて話
福島のあちこちで 起きててな すると
洗脳されてんでねえのか 御用市民になりさがったか
なに 言ってんだよ 反原発の連中が
復興の じゃましてるんだよ とか まあ
ヒバクシャどうし 相手のおでこに
ペタ ペタ ペタ と レッテル貼ったり
殺し合いみてえなことが 起きているのさ
d0320318_12554758.jpgわかってねえな そういう セキさん
あんたも カゲキ派 と言われてんだよ
いやいや 切ねえ話だのう
こうなって 喜んででいるのは 誰だべな

(2015年6月8日)


[PR]
by johnny311 | 2016-04-21 12:49 | 日々の詩2015年