詩と写真でつづる311 関久雄「原発いらない、いのちが大事の歌」

「月と トマト」

朝の食卓に まっ赤なトマト
塩にバジル オリーブオイルたっぷりかけて
はい 甘くておいしい トマトサラダ
そう福島産 放射能 測ってないけど まあ
ナス科のものは あんまり出ない
タケダさんがくれたんだもの ありがたくいただくさ

あれから4年半 「避難指示解除」だど
ようやくここまできた 子どものマラソン大会もやっぺ
みんな 帰ってきたらいいべしさ と 言うけんどな
被災者の支援 おしまいになるのさ
米沢の借り上げ住宅も 打ち切られるのさ
「勝手に出たやつに 支援するのがまちがい」と
原発を進めた人間が言うんだぞい
事故の後始末も できてねえくせに

なじょすべなあ
なじょすべなあ
と 言いながら おれは
お天気がいいから 洗たくして ふとん干したのさ
外の風も ちょっとは入れたさ 4年半たったからな

なあ 今夜は 仲秋の名月だって言うから
いっしょに 月を ながめねえか
いっしょに 手を 合わせねえか
あんたは海で おれは山で
おめさんは街で おれは福島で

おれは あんたと つながりたいんだ

(2015年9月27日)

d0320318_07020504.jpg











[PR]
by johnny311 | 2016-05-31 07:02 | 日々の詩2015年