詩と写真でつづる311 関久雄「原発いらない、いのちが大事の歌」

「タンタ スコ スコタン」

タンタ スコ スコタン
タンタ スコ スコタン
提灯祭りの お囃子が聞こえる
祇園 シャギリに てんやくずし
行ってきまあすと 坂道をかけて行く レン

3日も学校休むんだよ と お母さん
一年に一回じゃねえか と どなる息子
わかった 学校には自分で言うんだよ
黒のダボシャツ 黒の股引き 地下タビ ねじりはちまきが
これがお前の晴れ姿 太鼓台に 乗れぬお前の 精いっぱい
きばって ヤーレヤーレと 祭りを盛り上げてこい

今年はお天気よくて 何よりでした
セキさん まめに戻ってきっせよ と 紋付 袴のサトウさん
ありがとうございます 
そっと ポケットにしまう 線量計
お祭りだもの 人もいっぱい ほこりも立つさ
ホウシャノーも上がるさ だどもな
二本松で育ったお前のこころ つぶす訳にはいかね

タンタ スコ スコタン
タンタ スコ スコタン
祇園 シャギリに てんやくずし
祭り囃子が 遠くなる
ワタアメ たこ焼き もんじゃ焼き
夜店キラキラ 松岡通り
あれから4年と7カ月 マスクの人は もういない

レン 12時には戻ってこ
朝には 米沢さ帰るぞ

(2015年10月6日)


d0320318_13131987.jpg








[PR]
by johnny311 | 2016-06-17 13:13 | 日々の詩2015年