人気ブログランキング |

詩と写真でつづる311 関久雄「原発いらない、いのちが大事の歌」

「原発難民」

米沢の うしもり宿舎で暮らす
わが家は 原発ひなん民 
だども 来年の春で住宅支援は打ち切りだ

帰りなさい フクシマへ
逃げた先にいたいなら どうぞ自由に
放射能が不安とおっしゃるが それはあなたのこころの問題
もはや 避難のレベルではありませんから

「ていねいに気持によりそいます」 なんて言いながら
国はさっさと 自主避難者の追い出しにかかる
なんとも ごせやける話でねえが だども
自主避難者への支援 もう打ち切ってもいいと思う
そう言う県民もいるんだよ

これからは復興です 再稼働も必要
2020年のオリンピックでは 再生した福島を見せたい
そのためにも
いつまでも 避難者がいては困るのです

おめさん 来春からどごさ行ぐ
おら帰らね 子どもの学校あるし

いままでは ゲンパツ事故の自主ひなん者
明日からは ただの難民

(2016年10月8日)


d0320318_10064658.jpg

   避難先の団地





by johnny311 | 2017-10-30 10:07 | 日々の詩2016年