人気ブログランキング |

詩と写真でつづる311 関久雄「原発いらない、いのちが大事の歌」

「いざとなったら逃げるしたく」

明け方 ガタガタガタ 障子ふるえて
それから ユサユサユサ 家ゆれて
長いな 震度4か5か

「津波警報が 福島県の沿岸に出ています
3メートルの高さが予想されます
ただちに 高台に避難してください
海岸や川の河口には 絶対に近づかないでください
いのちを守りましょう」 とラジオがしゃべっていて
おれは布団のなかで固まったまま
5年8か月前の 津波と原発事故を思い出していた

ああ ちえちゃん 二本松はだいじょうぶ
第2原発の3号炉 冷却水とまったけんど 復活したって
どこまで本当かわかんね この数日 気いつけねば 
車のガソリン 満タンにしておかねえとな

ラジオから 2千人 避難のニュース
これだもの いざとなったら逃げるしかない
高校生が6号線のゴミ拾いやっただの
原発の廃炉ツアーやっただの
もう復興 帰還しろと言われたって
津波の 2波3波がくるかもしんねえところで
まちづくり語っている気がしてな

8時過ぎ またグラっときたが
そんなことおかまいなしに ガラガラと
坂道 登ってくる除染のユンボ
埋めた 汚染土を掘り起こして
どっかさ持っていく
どっかさ

(2016・11・22)



by johnny311 | 2017-12-01 11:47 | 日々の詩2016年