詩と写真でつづる311 関久雄「原発いらない、いのちが大事の歌」

「ゲンパツ難民」

「いのちの危険から 身を守るために
すみかを転々とする これを難民という」

2017年3月 自主避難者の 住宅支援打ち切り
「おとうさん うちはどうするの」
「うちは帰らね 線量高いし おまえの学校あるし
またドカーンって 事故るかもしんねえし」

もう福島は安全 山菜やイノシシ食べたって大丈夫
子どもだって産めますよ ただ 5年たっても不安は残っている
放射能教育の不足と カガクシャ
帰還者には引っ越し費用も出ます 帰らない方は移住をどうぞ
もはや 避難の段階ではありませんから と役人

たしかに線量下がった 野菜のベクレルも出なくなった
だども 福島で暮らすってリスク高いんだよ 
安全かどうかは国やセンモンカでねえ オレが決めんだよ!
と 息まいてみたものの
4月からの家賃 どうすべなあ と 天あおぐ

あおいだ空から 雪はチラチラ
その雪にも 風が運ぶものにも お米にも 子どもが握るどろダンゴにも
大好きなあの人の髪の毛にも 透明な不安はひそんでいるものだから
どうすべかなあ とため息ついて
とりあえず 避難を続けることを決めたのです
決めたのですが 子どもが手を離れたら
原発で何かあったら また 転々

春になれば
4月になれば 避難者はいなくなり
わたしたちは ゲンパツ難民となるのです。

(2017・1・26)






[PR]
by johnny311 | 2018-01-29 10:05 | 日々の詩2017年