人気ブログランキング |

詩と写真でつづる311 関久雄「原発いらない、いのちが大事の歌」

「お世話になりました」

d0320318_15365250.jpg

お母さんとレンは 米沢
おまえも なるべく遠くさ行け と
札幌の学校に送り出した娘も卒業
お世話になりました
早いもんだね で 就職は
はい 米沢の保育所に こっちも考えたんですけど
そりゃ良かった どこだって決まれば 
やさしい支援者と ご飯食べて
娘と母は 荷物いっぱいの車でフェリー乗り場へ

わたしは お世話になった挨拶がてら
あと10日で住宅支援が打ち切られる 自主避難者の話をしに
あちこちに行ったのですが
3月の北海道はまだ雪がいっぱいで
6年たった福島のこと みなさんどう思ってるだべが と
ちょっと ドキドキしたのです
会場でユウスケさんが たたり神を歌ってくれて
カツタロウさんが キノコを手に会いに来てくれて
みなさん 「アオキさん」の詩に耳を傾けてくださって
話が終わって外にでたら 星がいっぱいで
朝には 芦別岳が見えて

北の大地のみなさま 神さま
娘 お世話になりました
ワタナベさんやヨコタさんの子どもさんも
北海道に残って進学するそうです
避難は続きます 住宅支援 打ち切られても
これからもお願いいたしますと
手を合わせ 頭を下げ
それから 苫小牧さ向かった

(2017年3月23日)


by johnny311 | 2018-05-27 15:37 | 日々の詩2017年