詩と写真でつづる311 関久雄「原発いらない、いのちが大事の歌」

「福島のズッキーニ」

ピカピカの ズッキーニ
草刈りのお礼にと クノさんがくれた
EMもまいた 検査もしたが不検出
良かったら食べてと うれしそう

丸々ふとった 黄色いズッキーニ
フライパンにオリーブオイル
ニンニクと塩コショウで味付けし
軽く こげ目がついたら
はい できあがり

晩酌のおかずは ズッキーニ
ラジオから 再稼働中止の裁判 負けたのニュース
原発は 日本のエネルギーの基本なんだって
「放射能 知れば知るほど こわくない」
これ 南相馬の市役所が言ってんだよ
地元がこうだもの アベ政治はニコニコして原発を進めるさ

福島産のズッキーニ食べたのは
放射能 出なかったからでねえ
放射能 こわくなくなったからでねえ
クノさんが いっしょうけんめいに こさえて
おいしくて 愛があって ちょっと
切ない感じのズッキーニだから いただいたのさ
はい ごちそうさま

(2017年7月22日)


[PR]
by johnny311 | 2018-07-19 18:01 | 日々の詩2017年