詩と写真でつづる311 関久雄「原発いらない、いのちが大事の歌」

「神事」

まつり まつらう まつろわぬ
まつり まつらう まつろわぬ

大津波
海をうらむは せんないが
原発がなかったら
原発さえなかったらと ひとのいう

あれから6年と5か月
いつまでも 被害者意識でいることから
なにも生まれないと言う おめさん
この春 住宅支援打ち切られ 住むどこ無くなって
死んだ 自主避難者 知ってっかい
心臓 おかしくなって逝ったり
甲状腺ガンになったり
じっくり じっくり
殺されているって わがっかい

ゲンパツ事故の 後始末もできてねえのに
もう 終わったような顔をして
魂しずめと 復興の神ごとを始める おめさん
だども 福島のあっちこっちにはな
恨み悲しみ 怒りに嘆き ドロドロにたまってんだぞい
いやいや 祟られねえように
神ごとにして 封じ込めるつもりなんだべども
なあに やがてアテルイやマサカドになって
ゲンパツわがねと 立ち上がるさ
見えない世界の方々もな

まつり まつらう まつろわぬ
まつり まつらう まつろわぬ

(2017年8月26日)


[PR]
by johnny311 | 2018-08-28 10:13 | 日々の詩2017年