詩と写真でつづる311 関久雄「原発いらない、いのちが大事の歌」

「死と生のいのり」

d0320318_09252348.jpg

先生 先生 先生
天使のみなさま 大いなる存在のみなさま
ご本尊さま 神さま 仏さま
この地上すべてを 
調和と安定と 平和に導く働きのみなさま

どうか皆さまが 幸せになりますように
この地上の すべての子どもたちが大人たちが
幸せに生きて 幸せに死んでいけますように
戦争やテロ 病気に差別 宗教対立
放射能 格差 ありとあらゆることで
ひとが 生き物が苦しまぬよう
私たちをお導きください
そのための働きを 私ができますように

さる 2017年3月11日の大地震と津波
福島原発事故で逝きし あまたのいのち
また いまだに さまようみたま
生きながら 苦しむたましいが
安らかなることを祈ります
そして あなたさまがた どうか
原発をなくし この国のあやまった道を正すことに
お力をお貸しください
戦争ができる国になること
戦争で殺されしみたまが 権力者に祀られ
利用されることを この星は望みませぬ
見えぬけれども
確かにおわします皆さま
皆さまと 本来の道を歩めるよう 祈ります

仲良きことであること
平和であること
ともに生きられることを 願い祈ります

(2017年8月31日)


[PR]
by johnny311 | 2018-09-04 09:25 | 日々の詩2017年