詩と写真でつづる311 関久雄「原発いらない、いのちが大事の歌」

「いってらっしゃい」

d0320318_11033656.jpg

はい弁当
電車 間に合うか
ギリ だいじょうぶ
行ってきます
おい シャツ出はってるぞい
ワイシャツ押し込みながら
坂道をかけてゆく息子に
親父が小さく
行ってらっしゃい

坂の上 風はドォードォー
木の葉バラバラ 屋根さ降って
また線量 上がるべな

昔 おれは引き売りで
野菜にお米 味噌醤油 酵母パンも積み込んで
無農薬 有機野菜いかがですか 
軽トラックで あの町この街 売りに行く
おいしいトマトは
思想の右と左 つなげるチカラあるのさ

さて 売りに行くか
おとうさん いってらっしゃい
バックミラーの中 小さいお前が手を振って
あの角の向こうまで ずっとずっと
見えなくなるまで 手を振って

あの頃の 八百屋の売りは無農薬
いまは何だべ ノンベグレルか

(2017年10月31日)


by johnny311 | 2018-10-30 11:04 | 日々の詩2017年