人気ブログランキング |

詩と写真でつづる311 関久雄「原発いらない、いのちが大事の歌」

「神だのみ」

d0320318_19024902.jpg

セキさん
どうやって生活しているの とフリツさん

はい 基本は神だのみ
保養が続けられますよう ついでにごはん食べられるよう
よそで福島の話をして拙い詩を詠み おひねりをいただく
まあ ホイドみたいなもんですが
ギリギリでお米が届いたり ガイコクから寄付がきたりするから
願いはきっと 聞き入れられているのです

4年目の浅い春 神さまに願かけた
へっついの家を助けてください
ひと月でカンパ100万集め借金を返す 叶わぬなら
お前にはその力がないのだと 脱原発からも保養からも身を引いて
除染作業員になって借金を返す
そう覚悟したのです
七日たち 十四日が過ぎるころ
セキさん お金集まっているよとハシモトさん
二十日には100万になり ひと月で倍を超え
ああ 神さまって本当にいるんだ おれにまだやれと仰っている
もう泣き言は言わない 腹くくってやる 
役回り 終わるまではな

それからは神だのみ だども
国よいい加減にしろ いつまで民の善意にぶら下がる
あちこちにばらまく金があったら 保養に回せ

そう言ったものの 簡単ではねえですから
フリツさんも ご支援お願いします
いやいや わたしも厳しくてと仰るが
なあに やさしいお医者さまだもの
この春にはきっと何かあるはず と
せっせ せっせと神だのみ

(2018年2月5日)


by johnny311 | 2019-04-25 19:03 | 日々の詩2018年