人気ブログランキング |

詩と写真でつづる311 関久雄「原発いらない、いのちが大事の歌」

<   2014年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「いもうと」

避難する日
抱き合って 別れる 父と子の 紙芝居
その絵に 目をやらず テーブルに 目を落としたまま
全身で 聞いている 妹 よ

おめえたちの 父ちゃんは 鉱山(ヤマ)で 組合 やっててな
レッドパージに 引っかかり 平舘へさ 下りてきた
魚屋 やってみたものの いつしか 出稼ぎ 転々と
最後は 豊田で 野垂れ死ぬ
皆さ 世話かけてな ろくなもんで ねがった
ぐち聞かされる 小学生の 背負う 米の重さよ
その兄と 母を 玄関先で待つ おかっぱ頭の 妹よ

ここにいたら つぶされる と オレは思った
なんも してけれながったんだもの
おめえの 好きにすればいいさ と 母っちゃは 言った
母っちゃの世話 妹に押し付けて 兄きは横浜さ 出ていった

あれから10年 それから10年
親父よりは 生きたけんど 息子も いつしか 活動家
生まれ故郷の 岩手で 「福島のいま」 語ってら

お兄ちゃんたちが 体験したこと 伝わりました
原発ハンタイ もっと言っていいと 思う

詩集 母ちゃんに 渡しとくね
たまには 電話してください
来年は 八十八歳 米寿だからさ
みんなで 孫も連れて 集まろう
お兄ちゃんは 絶対に 時間 作ってね

オレは ただただ 頷く ばかりだった

(2013年11月28日)









by johnny311 | 2014-12-31 00:48 | 第3集

「イルミネーション」

雪は ふる ふる
雪は ふる
陣屋通りに 雪は ふる

街路樹に かけられた 
「がんばろう 福島!」の イルミネーション
きれいだない 美しいない

雪で ぼんやりの イルミネーション
放射能が 光ったら こんなんかな
このまま 雪の下に ホウシャノウ
閉じ込められたら いいのにな

そしたら 雪だるま 作って
ソリすべりして カマクラ こさえて
中で もちを 焼いて 食べんだ
ちっちゃい 時の ように
原発事故の 前のように 遊ぶんだ
ね いいでしょう  楽しいでしょう

イルミネーションの 下
雪の空を 見上げていると
そのまま 宇宙に 吸い込まれそうだ

雪よ ふれ ふれ
もっと ふれ
放射能を 凍らせろ

(2013年12月18日)

d0320318_20063391.jpg









by johnny311 | 2014-12-27 20:03 | 第3集

「えっちゃん」

セキさあん お久しぶり

ああ えっちゃん なつかしい
何年ぶりだろ

目の前の えっちゃんは
お腹 パンパン 大きくて
いまは すっかり お母さん

中学生の えっちゃんは 学校 おとなに 反乱し
自分を殴った 先公に スリッパ 手にして やり返す
18才の えっちゃんは 引きこもりの 弟を
私の塾に 連れてきた

20年ぶりかな
ぜんぜん 変わっていね セキさんは
あの頃は もっと ギラギラしていて でも
信用できる おとな だと 思ったよ

ありがとう うれしい そう 言ってもらえて
避難して 米沢に来たの

ううん 事故の前 嫁にきた
「ふわっと」 はね
ときどき 子ども連れて きているの
福島の人が いるからさ
原発事故が なかったら ここで 再会 してないね
子ども 産んだら 
わたしも 動くよ この子のためにも

きっと あなたの やることが
きっと あなたと やることが
あって 再び 出会っている
めぐる いのちの 輪の中で

(2013年12月10日)





by johnny311 | 2014-12-19 22:38 | 日々の詩2013年

「金曜の夜の 歌うたい」

セキさん 久しぶり 
この頃 歌がなくて さみしかったよ

ああ どうも サクマさん
青森 岩手 富良野 と 旅回り
原発いらないの 紙芝居と 
詩の朗読を やってきた

詩集 私も 読んだよ 
感想? なみだ 出た
きょうは いっぱい 歌ってね 

金曜の夜の 歌うたい 
きよし この夜 サンタが街にやってくる
今夜は ホワイトクリスマス そして
原発はいらない 命が大事 の 歌

道を 急ぐ人たちは 不思議なもん 見るように
笑われて 無視されて 
それでも 歌は 聞こえてる

メリークリスマス
いい年に なりますよう
メリー メリークリスマス
どうか 原発 止まるよう

(2013年12月21日)

d0320318_21293059.jpg







by johnny311 | 2014-12-14 21:30 | 日々の詩2013年

「仮設訪問」

アイロンで おめさんの
背中の 手当て いたしましょう
タライの 足湯で おめさんの
足の 指もみ いたしましょう

ああ あったかくて  気持ち いいない
人生 照る日 雨の日 あるけんど
雨の日のほう 多かった 気がする

そうですか  その雨の日を
よく 生きて こられましたね

雲の 上は いつも 晴れ
願うことは 叶ったこと と
そう 教わった からね
はい 神様 から

おら ここさ いるしか ねえかも しんねえ
だども 子どもいる 人たちは
出られるなら 出たほう いいべ
放射能 だもの この先
なにが あっか わからんし

ああ おかげさんで ほっか ほか
すっかり 楽に なりました

仮設でも どこでも
幸せに 生きて 幸せに 死んでいく
それを 決めるのは わたし
国や エートス ではない

(2013年12月8日)

d0320318_18221946.jpg










by johnny311 | 2014-12-07 18:23 | 日々の詩2013年