人気ブログランキング |

詩と写真でつづる311 関久雄「原発いらない、いのちが大事の歌」

<   2017年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「ことだま」

ひとが幸せになるような言葉
だれかを思っている言葉
ていねいに だいじに
たましいこめて 使うべ

本当は できてね
バカヤロー なんて思っている
いじめられ ひどいことをされたら
わるい言葉が 口をでるんだよ

だどもな
原発はだめだ 放射能はいらね 戦争はしたくね
いやなことはいやだと はっきり言うごどど
汚ねえ言葉つかうのは ちがうから
まずは お祈りするべ
言葉に たましいこもるようにするべ
口から出た言葉は 本当になるっていうからない

ひとが うれしくなるよう
わたしが うれしくなれるよう
ひとが げんきになるよう
わたしが げんきになれるよう
ていねいに だいじに こころをこめて
あったかい ことだまにしよう

(2016・8・23)



by johnny311 | 2017-08-20 20:44 | 日々の詩2016年

「タイサンボクの樹の下で」

夏の終わり
タイサンボクの樹の下で
来年も来いよ とリュウジロウが小さく言って
ユウイチがウンとうなずいた
遠くなったセミの声 山からの秋の風
「また来ますから 」と
子どもたちは ときわ丸から手を振って
モニタリンブポストのある街に帰って行った

ガランとした へっついの家
ため息ひとつ ついたら よっこいしょと ふとん干し
ベラルーシのいまを見れば 
30年後も きっと保養はあるのだろうが
その頃 わたしはたましいとなって
タイサンボクの樹の下にいるだろう

また 会いましょう 来年も再来年も
タイサンボクの樹の下の
テラスで風にあたりながら
遠くのあなたに みんなに呼びかけたんだ

いつでも帰っておいで
わたしはいつも ここにいる

(2016・8・22)



by johnny311 | 2017-08-15 20:58 | 日々の詩2016年